栗原市・一関市・登米市の鶴丸通りはりきゅう接骨院の椎間板ヘルニア施術

診療時間

椎間板ヘルニア

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 前に屈めない
  • 立位や座位で痛みが強くなる
  • 腰痛と足に痛みやしびれがある
  • 痛みで長時間同じ姿勢をとれない
  • 湿布や痛み止めで解消されない

椎間板ヘルニアとは?|鶴丸通りはり・きゅう接骨院

椎間板ヘルニアとは背骨と背骨の間にある椎間板の一部が飛び出てしまった状態のことをいいます。

20代~40代の方に多く見られ、構造的に負担のかかりやすい頸椎・腰椎に好発します。

この飛び出した椎間板が神経を圧迫することにより、痛みやしびれ、知覚、筋力の低下などさまざまな症状を引き起こしたり、歩くのが困難になってしまうことがあります。

椎間板ヘルニアはなぜ起こるのか?

椎間板は中心部に髄核と呼ばれる組織とそれを囲む繊維輪からなり、その椎椎間板は曲がったりひねったりする方向に弱い性質があります。

 

・日常生活や仕事で腰を曲げて重いものを持ち上げる

・スポーツで身体を強くひねるといった動作

 

により、繊維輪に傷がつき中の髄核が飛び出しやすくなります。

結果、日常生活での負担やデスクワークでの座ったまま、立ち仕事、猫背姿勢など長時間の悪い姿勢による背骨の歪みが椎間板を圧迫しヘルニアを引き起こす原因となります。 また椎間板の退行性変性(加齢とともに生じる変化)も椎間板を飛び出しやすくします。

ちなみに、喫煙も発症のリスクを上げることがわかっているそうです。

椎間板ヘルニアの症状は?|鶴丸通りはり・きゅう接骨院

主に腰痛と片側の下肢痛でお尻や足の痛み、しびれ、動かしづらい、力が入りづらいという症状がでます。

初期には腰痛が多く、次第に下肢痛を伴います。

椎間板ヘルニアが解消しない・悪化する理由は?

・注射や痛み止めでは解消されない
注射や痛み止めを使いその場の痛みをコントロールすることは悪いことではありませんが、痛みの根本原因を取ることではありません。解消するためには「ヘルニアになってしまった原因」を取り除かなければなりません。

・マッサージだけでは良くならない
筋肉の緊張を和らげることで一時的に楽にはなりますが、椎間板を挟む上下の骨による圧迫はマッサージだけでは不十分な為、解消されません。

痛みやしびれは神経を圧迫する飛び出た椎間板によりますが、解消すべきところは飛び出した椎間板ではなく、上下の背骨の圧迫により椎間板を飛び出させてしまう背骨の歪みだと考えております。

湿布や痛み止めはその場の痛みを取るだけで根本的な原因を解消するものではありません。

椎間板への対策がなされていない為に、 慢性化となってしまったり、自然治癒したとしても骨格の歪みが残っているために、椎間板ヘルニアを再発することになったり、悪化することとなります。

椎間板ヘルニアに対する施術法は?|鶴丸通りはり・きゅう接骨院

栗原市の鶴丸通りはりきゅう接骨院では椎間板ヘルニアになってしまう主な原因は骨格の歪みだと考えております。当院では根本解消としてトムソンベッドという特殊なベッドやアクティベーターという器具をもちいて患者様の状態に合わせて使い分け骨盤・背骨のバランス、神経を整え、椎間板に負担の少ない身体作りをしていきます。 

また、痛みやしびれが強い場合には鍼灸施術をおすすめしております。鍼は鎮痛効果が高い為、痛みを軽減させてから、椎間板ヘルニアの原因となる歪みを整えていきます。

鍼が苦手という方にはハイボルト療法(電気施術)、メディセル筋膜療法(吸引)による筋膜リリースを患者様の状態を見ながら使い分けベストなプランを提供させていただきます。

椎間板ヘルニアの方はもちろん、首の痛みや腰痛を持っている方はケアをすることをお勧めいたします。

早期に解消することは椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症になりにくい身体作りにつながります。

ヘルニアでお困りの方はぜひご相談ください。

 

お問い合わせ

  • 鶴丸通りはり・きゅう接骨院
  • map

診療時間

住所
〒989-5301
宮城県栗原市栗駒岩ケ崎下小路45-3
駐車場
12台分完備

HOME

アクセス・料金

初めての方へ

院長挨拶

症状別メニュー【全身】

症状別メニュー【頭・首・体幹】

症状別メニュー【肩・腕】

症状別メニュー【足】

交通事故メニュー

  • スタッフブログ
  • 患者様の声